16時間断食

健康

私は色々なダイエットを試してきましたが、今一番続いているのは16時間断食です。私が試してきたダイエットで効果はあったけど続かなかったけど、16時間断食は続いています。その理由を話します。

直近で取り組んでいたダイエットは断糖高脂質ダイエットでした。効果は抜群で1ヶ月半で10kgの減量に成功しましたが、続きませんでした。

続かなかった理由は食べたかった!厳密に言うとちょっと違うのですが、とにかく噛みたかった。この一言。

断糖高脂質ダイエットはその名の通り、糖を断って高脂質商品を摂る。なので炭水化物系はほぼゼロで、私は毎日夕食でサバや肉を食べていました。朝は完全無欠コーヒーと呼ばれるバターコーヒー

日中に小腹がすいたら午後の紅茶(無糖)に生クリーム(動物性の高脂肪)を入れたミルクティー

最初の1週間を乗り切れば胃も小さくなり、空腹は押さえられるのですが、常に噛んでいたかった…夕飯にキャベツの千切りを追加して、かさ増しして自分の噛みたい欲求に答える日々で1ヶ月半程度で10kgの減量に成功して断糖高脂質ダイエットを卒業しました(本当は、そのまま続けた方が良いらしい)。

まー、見事にリバウンドし笑、次のダイエット方法を探す旅に出ました。その中でメンタリストDaiGoさんが16時間断食をしているとのことで興味を持ち、実戦開始。

16時間断食とはその名の通り、16時間何も食べないのですが、1日の内で食べて良いタイミングは8時間のみ。その8時間は何を食べても良い。つまり自由(もちろん気を使った方が良い)。この方法に魅力を感じて実践しています。

自分は19時前には夕飯を食べ終えてしまうので、翌朝の11時まで断食。水などは飲んでもOK。どうです?簡単じゃないですか??もちろん、食事の時間が速いので夜中にお腹は空きますが、通常時間のメニュー制限は無いので個人的には性に合っています。

いきなり16時間断食は無理!という方は、10とか12とか14時間と徐々に伸ばしていけば良いですし、毎日断食する必要はなく、週末などに試してみると良いでしょう(基本は毎日が理想的)。

気になる16時間断食のメカニズムですが、まずは食後〜4時間程度は食べたものから血液中に取り込んだブドウ糖を利用してエネルギーが作られます。肝臓や筋肉に蓄えられたグリコーゲンが利用されます。食後10時間くらいでそれまでのエネルギーが使い果たされ、脂肪(中性脂肪)や筋肉(タンパク質)をケトン体に変換してエネルギー源にします。

つまり、ブドウ糖主体のエネルギー消費からケトン体へエネルギー代謝をガラッと変えます。このタイミングがオートファージーになり、16時間断食の一番の目標となります。

オートファジーは元々、私たちの体に備わっている機能で古くなった細胞を内側から新しく生まれ変わらせる仕組みになります。細胞内に入ってきた病原菌などを分解・浄化する働きもあって、空腹になって体が飢餓状態になることで活性化します。要は、細胞が新しくなって体が新しくリセットされると考えると良いでしょう。

私たちも小学校や小さい時に1日3食取りましょう!と言われていましたが、3食は食べ過ぎを招いて肥満になりやすく、消化活動で体内で炎症が起きる。老化が進む、高血糖になりやすい。胃腸や内蔵など臓器系が消化などに時間を要しすぎて休むことが出来ず、疲弊してしまうのです。

結果、健康や美容に悪影響を及ぼすことになるのです。

16時間断食によるダイエット効果は1〜3ヶ月で表れると言われていますので、気長に続ける必要はありますが、健康や美容のことを考えて週に1回程度で体が慣れるまでは短めに始めて徐々に12時間とか14時間と伸ばしていってみてはいかがでしょうか。

因みに自分は16時間断食を終えた翌朝の11時くらいに筋トレをし、その後にプロテインでタンパク質を補給しています。


私はチョコレートが苦手なのでカフェオレ味です笑

16時間断食の効果は個人差はあると思いますが、私は朝の目覚めがとても良くなり、仕事中も眠くなることがなくなって頭がスッキリとした状態で日々を過ごしています。気になった方はぜひお試しあれ!

タイトルとURLをコピーしました