完全無欠コーヒー

グルメ

ここ6ヶ月くらい続いているのですが、私の朝食は完全無欠コーヒーです。

完全無欠コーヒーを飲み始めたのはダイエットといった単純な話からのスタートなのですが、完全無欠コーヒーが発端で食事に気を使うキッカケになりました。

ここら辺については断糖高脂質ダイエットも絡んでくるのですが、私自身が日々活動するエネルギーを炭水化物や糖質からではなく、ケトン体をエネルギーとするためです。

ケトン体とは脂肪が燃焼されて生成されるエネルギー源の1つで、これを日々の活動エネルギーに変換するためです。

要はお腹周りについた中性脂肪が減ったらいいな!という考えですね。

この他に副次的な要素もあり、今はコッチがメインになってきました。

完全無欠コーヒーにして、消費エネルギーを変更することで、日中の眠たさもなくなり、かつ集中力が高くなりました。

昔は昼食後は、確実に眠くなっていたのですが、眠くなることがなくなりました。

次第に体も軽くなり、朝の目覚めも良くなってきて、毎日がとても清々しく過ごせています。

完全無欠コーヒーの作り方はとても簡単です。

ブラックコーヒーにグラスフェットバターとMCTオイルを入れて混ぜるだけです。

グラスフェッドバターとは、牧草を食べて育った牛のミルクで作られたバターです。

MCTオイルとは、ココナッツやパームに含まれる天然成分で中鎖脂肪酸のみで作られたオイルです。

コーヒーのカフェインが脂肪の代謝を促進し、グラスフェッドバターの不飽和脂肪酸が脂肪やコレステロールを調整。MCTオイルをオイルの中鎖脂肪酸は早く分解されるので、より早くより効率的にエネルギーに変わるのです。

動物性脂肪って太るよ?って心配の声が聞こえてきそうですが、上記で説明した通り、グラスフェッドバターは不飽和脂肪酸なので、魚や植物などに含まれる良質な油になるので安心して良いと思います。

因みにグラスフェッドバターもMCTオイルも高いので、私はそれぞれを準備するのではなく、最初から混ざっている商品を使っています。


これをブラックコーヒーに混ぜるだけなので手軽でおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました