ふるさと納税 10月から

日記

ふるさと納税のルールが10月から変更になることはご存知でしたか?

言葉が悪いですが、利用する私たちにとって、このルール変更は改悪の何物でもありません!

私は毎年、ふるさと納税をしています。

いつもは、年内ギリギリの12月に滑り込むように商品を検討していましたが、今回は10月からルールが変更するので、今月に商品を決める必要が出てきました。

まずは改正されるルールについて、わかりやすくお伝えします。

変更になるルールは2点で、

・5割ルールの厳格化

・地元産品の厳格化

です。

まずは、5割ルールの厳格化から。

今までは、「返礼品の調達費用は寄附額の3割以下にすること」と「送料や事務費などを含む経費の総額5割以下にすること」が決められていました。

これが、ふるさと納税を宣伝しているポータルサイトなどに支払う手数料や寄附額の受領書の発行費用などが経費に含まれるようになります。

つまり、ルールが変わるとどうなるのか?

寄附額の5割以下に抑えられてしまうため「返礼品の量が減る」や「寄附額が引き上がる」

次は、地元産品の厳格化について。

こちらについては今まで、他の都道府県や海外などで生産された肉などを地元で一定期間熟成することで地元産の熟成肉として取り扱っているところもありましたが、今後は返礼品として使用できなくなります。

なので、今までは◯◯県で購入できていた肉や精米など『地元産でないもの』商品ラインナップから消えてしまう可能性があります。

今回の10月からのふるさと納税のルール変更によって、

・返礼品の量が減る

・同じ返礼品でも寄附額が上がる

・ラインナップがなくなってしまう返礼品もある

ということになります。

ですから、毎年リピートしていたり、目星を付けている返礼品があるのであれば、今月まで早々に手配されることをオススメします!

「東急グループのふるさと納税サイト!」
タイトルとURLをコピーしました